文房具

インテリアについての知識をつけたいなら専門学校へ行こう

専門知識を習得する

部屋

在学中に

インテリア専門学校に通うメリットとしては、手厚い就職サポートと、資格取得へのバックアップが挙げられます。この2つは「就職率何%」、「合格率何%」と打ち出すために学校側としても大切になるのです。このうちインテリア専門学校に通う事でとれる資格をいくつか紹介します。もちろん学校や通う年数にもよりますが、多くのインテリア専門学校でとれる資格はある程度決まっています。代表的な資格としては、「インテリアコーデイネーター」、「カラーコーディネータ」、「インテリア設計士」が挙げられます。これらの資格は一般住宅の設計にも、店舗設計にも必要な資格です。多くの専門学校では、これらの資格は在学中に取れる資格として紹介されています。

卒業までに

多くのインテリア専門学校では、建築の事も勉強して資格取得も目指します。これらの建築に関する資格は国家資格になるので、あくまで指定の単位を取得して、「受験資格」を取得するという事です。代表的な受験資格は「二級建築士受験資格」、「木造建築士受験資格」が挙げられます。その他にも現場で必要な「CAD利用技術者試験」や、「3次元CAD利用技術者試験」も人気の資格となっています。これらの資格取得に必要なテキストや問題集はもちろん、それぞれの対策も行ってくれます。せっかく専門学校に通うのなら、資格取得は欠かせません。それぞれ学校によって特色があるので、オープンキャンパスや資料請求を利用して専門学校を決めると良いでしょう。

犬

ペットの美容師

トリマーはペットの美容師と呼ばれている。毛を刈るだけでなくペットの健康状態を把握する仕事を担う。トリマーには国家資格はないが専門的なスキルを得るには専門学校で学ぶのがおすすめである。これは生きた犬や猫を使って実習できるからである。また専門学校では卒業時にスキルの習得を証明する民間資格が得られる。

アロマ

一流のプロが指導

京都には、ハイレベルな内容で指導してくれるアロマスクールがあります。アロマスクールでは実際にサロンを経営しているプロが指導してくれるので、資格取得だけでなく独立した時の経営知識も学ぶことができます。