女の人

インテリアについての知識をつけたいなら専門学校へ行こう

  1. ホーム
  2. ペットの美容師

ペットの美容師

犬

健康面のケアも担う

トリマーは、通称「ペットの美容師」と呼ばれています。その通り、トリマーは犬や猫等のペットの毛をトリミングする仕事です。トリマーは動物好きな人が希望する仕事という印象がありますが、生きものであり飼い主にとって大切なパートナーであるペットを扱うだけに、それだけでは勤まらないと言われています。トリマーの仕事とはなにかをしっかり意識し、担当したペットの状態をきちんと把握するよう努めることが大切です。基本の仕事であるトリミングは、見た目を美しくするだけでなくペットを清潔にする役目を持ちます。動物の毛は、気温や風、空気の乾燥等の外からの刺激から体を守っています。しかし、その代わりにどうしてもノミやダニといった害虫がつきやすいという負の面もあるのです。害虫は皮膚炎などの病気を招きやすいことから、定期的なトリミングによって衛生面を強化することができます。また、トリマーはトリミングするだけでなく、ペットの健康状態をチェックする役割も担います。毛を刈ったりシャンプーをする際に、皮膚や耳の中などをみることでペットの現在の健康状態を把握し、気になることがあれば飼い主に報告を行います。

専門的なスキルが必要

トリマーは、同じく動物のケアを受け持つ獣医師のように国家資格が必須とされていません。とはいえ、全く経験がなく専門的なスキルのない素人がこの仕事につくことは実際のところ不可能です。トリマーを目指すには、動物に関する知識やトリミングの技術を学べる専門学校もしくは通信講座を受講するのが一般的です。中でも人気が高いのが専門学校です。これは、通信講座に比べて専門学校では実際に生きた犬や猫を使って実習を行えるという利点があるからです。専門学校は座学とともにこうした実習を数多く実施し、難しい技術を体験することで習得できるのです。また、先にあげたようにトリマーには公的な資格はありませんが、ペット団体等が主催する民間資格が用意されています。多くの専門学校では、卒業時にこれらの民間資格が取得できるようになっています。つまり民間資格を取得したことで、必要なスキルを持つことが証明されるため、就職の際に有利になりやすいのです。